いつぞやに言われたブーム

省エネ男子がいれば狙い目か

今でこそ女性も社会進出して働き、日々の生活とともに仕事の楽しみも見出す人が当たり前の時代だ。筆者の知り合いでも今は家庭に身を置いている方もいるが、話を聞くと働きたくても夫が家での仕事に従事してくれと頼んでくる人も少なくないという。子供のことを考えればそれは最もらしい日本の家庭という在り方に準じたものだと言えなくもないですが、このご時世で一本柱でまともに生活出来ている人、というのはあまり多くないのが現実だ。それこそ離婚を初め、何かしらの事情で女性1人で生活するとなったら結果的に働くしかありません。中にはあえて子供を作り、行政から支給される手当などを糧にして、仕事などしたくないという人がいるのも今の社会での在り方だ。多様化した生き方とは言うが、それでも正当な行き方をしている人にしたら楽をしようとばかりしている人の考え方には賛同できないのも事実でしょう。

人には色々と考えはあります、男性が女性を養うものだと当たり前に考えている人もいれば、その逆があったとしてもおかしくはありません。だからこそきみはペットなどという作品が人気を博したとも考えられます。この内容になるとちょっと度が過ぎているようにも思えますが、いうなれば女性の中にもこうして誰かを自身の下において手なづけてみたいと、そんな願望はあるという可能性に追求した作品とも言えなくもありません。

今で言うなら省エネ思考の男性を見つけたら狙ってみるのも悪くない、そんなところだ。

意見することすら出来なかった

今でこそ一般家庭で妻に頭が上がらないという夫の構図は別段珍しいものではない、むしろそれが普通ではと考える人もいるでしょう。筆者的には父が母に対して頭が上がらないという姿は見たことがないため、反論しない人というのはあまり想像がつかない。円満な家庭を作るためには女性が夫と家計の手綱をしっかりと握りしめれば問題ないとも言われていますが、これも正直きちんと計画できる人かどうかで変わってくるので、一概にも言い切れないはずだ。

ただかつての時代、それこそ女性が社会の底辺として扱われていた時代に比べれば現代の女性というのは、非常に立場が向上した点だけは間違いない。いつかの時代、女性が身売りをされて遊郭などへと売られる事はよくある話でした。そこに自由はなく、売られた先でも自身の意思に関係なく一晩の男の相手を務めなくてはならない。それが毎日続くというのだから正直なところ、地獄と言っても変わりない。男性においても時代によってはあったかもしれないが、それでも女性よりは社会からの目は違っていました。

古代から近代以前における時まで、女性は誰かに支配されることを当たり前として受け入れなくてはならなかった、それがどんな辛くてもだ。その意味で女性が男性よりも優位に立って、自分が征服したいという感情を持ってもおかしくないでしょう。

普通のペットではダメなのか

支配してみたい、というよりは男性を養うことで自分好みに出来るという願望が強い。どちらかと言えば支配よりは、女性が男性を『プロデュースして格好良くする』という意味合いが強いのかもしれません。

けれど人間をペット扱いする、というのは倫理的な問題としてどうなのだろう。ペットが欲しいというのであれば、犬や猫では事足りないのか、とも考える。ペットを飼いたいと望んでいる人もいますが、それが動物では違うと考えている人もいる。何が違うのか、その理由をまとめるとこんな感じだ。

動物じゃダメな理由

  • 1.世話と言ってもトイレ掃除などはしたくない
  • 2.自分で自分のことが出来るという意味で、人間が良い
  • 3.付き合わず、ペットという関係だから無用な男女問題に発展しない

あくまで主人とペットという関係に基づいて

理由をいくつか挙げてみましたが、一番大きいのは男女が屋根の下で共に暮らしている状況であるものの、恋人という関係ではないため無用なトラブルにならないという点が大きいようだ。恋人同士であれば、いつかは結婚をして身を納めるとなった場合、色々と話をする必要があります。そうなると人間2人出会えば意見が食い違って衝突するのは、日常茶飯事の出来事だ。そういう面倒事にならないからこそ男性をペットにするようが楽、そう考えている人もいるという。

ペットブーム到来はあったのか

では実際にペットブームなるものが本当にあったのかというと、そのブームというのはあったとしても非常に矮小だったでしょう。支配して自分で男性を管理する、それは女性からしても実は面白いかもしれないと思うかもしれませんが、男性がまず自分がペットという立場に収まるかどうかを考える必要がある。そう考えていなかった場合、起きる問題は果てしなく面倒な事になり得る上、最悪といった事件も考えられる。

男性をペットのように扱う、常識的に考えても漫画だからこそ出来ることだと行き着く人も多いでしょう。

弩級の作品を生み出し続ける漫画雑誌KISSから生まれた名作たち